目的別実績紹介

  • トップ
  • 目的別実績紹介一覧
  • 新潟県内【初!!】第16回日本商工会議所青年部ビジネスプランコンテストで弊社の事業がグランプリ会頭賞を受賞!!

2019.12.13

CSR

短時間就労

公民連携(PPP)

  • Twitter
  • Facebook

新潟県内【初!!】第16回日本商工会議所青年部ビジネスプランコンテストで弊社の事業がグランプリ会頭賞を受賞!!

この度弊社は、全国415単会33000名が所属する日本商工会議所青年部が主催する「第16回ビジネスプランコンテスト」にて、全国から集まった78プランの中から1次審査、2次審査、最終審査を通過し、3月9日に宮崎県で行われた全国大会にてグランプリ会頭賞を受賞いたしました。

コンテストで弊社は「企業の働き方改革(労働力不足)と障がい者の働きたいをつなぎ持続可能な豊かな未来創造」をテーマとし、日本全体の突き付けられた労働力不足と障がい者の働きたいという社会課題を解決へと導くため、全国の同じ悩みを持つ企業の代表として、全力でプレゼンテーションをさせていただきました。

<弊社プレゼンテーマ>

企業の労働力不足と障がい者就労をつなぐ『LAUGH TRADE』事業

<本事業目的>

企業が困っている仕事と短時間(週20時間未満)なら働ける障がい者をつなぎ、企業の生産性と障がい者の可能性を育むことを目的とする。

 

 

●主催

日本商工会議所青年部

●受賞までの経緯

平成30年11月1日     1次審査(78 プラン→20プラン選考)

平成30年2月7~9日    ビジネスブラッシュアップ(元野村総研上級コンサルタント)

平成31年2月9日       2次審査プレゼンテーション(20 プラン→5プラン選考) 平塚商工会議所

平成31年2月14日      最終審査プレゼンテーション(5プラン)日本商工会議所

平成31年3月9日         最終審査発表 日本商工会議所青年部全国大会(宮崎県宮崎市)

●コンテストの事業目的

日本商工会議所青年部の代表的事業であるビジネスプランコンテストは、アイデア、知識、資源、そして可能性を引き出す事が出来る起業、経営の本質を突く事業であり、政府が掲げる「地方創生」に向けた創業支援の取り組みに精通する事業にもなり得るものと考える。歴代開催されてきた内容を継承し、本事業の意義、本質を多くのメンバーに伝達できる仕組みを模索、検討する。